住まいの雑学
ペットと一緒に快適に暮らす
55
SUUMOジャーナル ピックアップ
2013年4月4日 (木)

犬と猫、家を汚さないのはどっち? 大切なのはやはり〝しつけ〟

内閣府が平成22年に行った「動物愛護に関する世論調査(http://www8.cao.go.jp/survey/h22/h22-doubutu/2-1.html)」によると、34.3%の人が、犬や猫などペットを飼っていると答えた。3人に1人の割合で、ペットを飼っているようだ。またペットを「飼っている」と答えた人に、どんな動物か聞いたところ、「犬」を挙げた者の割合が58.6%と最も高く、以下「猫」(30.9%)、「魚類」(19.4%)と続いていた。

やはり犬と猫の人気は高いようだ。ところでこの犬と猫、家の視点で見た場合、どちらが飼うのに適しているのだろうか? そこでここでは、ペット関連事業の大手、イオンペット株式会社(http://www.aeonpet.co.jp/)に、犬と猫、どちらが家を汚さずに飼えるのか聞いてみた。お答えいただいたのは、イオンペットのしつけ担当者。まずは犬の場合から。

「基本的に個体差と犬種によって大きく異なることを前提として、一般的に多い例をお答えいたします。フローリングの場合、水の飲みこぼしや尿などで、木が水を含んで膨張し剥がれるケースがあります。はっ水加工された専用フロアマットなどを事前に設置しカバーしておくのが望ましいです。また、トイレのしつけが完全に終わるまでは、和室には入れないほうが良いでしょう。中型犬以上になると、フローリングで走ったときに爪痕などで傷が付く事も多く、カーペット等を敷く必要があります」

では続いて猫のケース。

「猫の場合は身づくろいをするので比較的ホコリは立ちにくく、水なども上品に飲むので汚れにくいですが、スプレー(臭いつけの習慣)のある子はしつけでは直せません。また、壁や柱など爪とぎの習慣があるので、仔猫のころから猫用の爪とぎを用意しましょう。そのほかには、高い所に登るのが好きなので、網戸や障子、ふすまなどは、足場として破られるケースも多いです。キャットタワーで満足させたり、猫用の強い網戸に替えるとよいでしょう」

なるほど、しつけや習性によっても個体差がかなり表れ、汚れ具合も異なるというワケだ。最後に、犬、猫のどちらが、家へのダメージが大きいのか聞いてみた。

「犬は犬種やサイズ、しつけの状態でまったく異なります。しつけの完了した犬であれば、猫に比べてもダメージは少ないでしょう。ただ、犬・猫を全体で比較した場合、猫はもともと大きさや力に限りがあるので、猫のほうがダメージは少ないかもしれませんね」

飼い方やしつけ次第とはいえ、どうやら猫のほうが家へのダメージは少なそうだ。これから犬や猫を飼おうという人は、多少家を汚されることぐらいは覚悟のうえで、その被害を最小限に抑えるため、しつけをしっかりと施し、対策グッズなども準備しておきたい。

https://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2015/05/d09807a3157d71965aa65397545a649f.jpg
ペットと一緒に快適に暮らす 犬、ネコ、うさぎ、鳥…。人も動物も幸せになる暮らしを送るために気を付けたいことなどを紹介します。
38
前の記事 新年度がスタート。なにか新しいことを始めるなら家庭菜園はいかが?
次の記事 自宅にいながらクリックひとつで商品が届くAmazonの賢い使い方
SUUMOで住まいを探してみよう